10月のカレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

常大SNSの各月の公開日記

常大SNSのRSS

クニアキンさんの公開日記

2017年
10月28日
13:35

過日、浜北区の高校を訪問して来ました。

これまでも教育実習の立会をはじめ、たびたび旧浜北市、浜北区には足を運んで来ましたが、何となくイメージがつかめない感じがしていました。

結局ずいぶん昔に遡って、合併して旧浜北町ができる前に浜名町と北浜村があったことを踏まえたら、だいぶすっきりしてきました。

そこで思い出したのが、一昨年の教育実習で浜名小学校に行った折、半ば空地みたいなところに「浜名町役場」と掲げられた門柱が残っていたことです(写真参照)。

「浜名」と聞くと、何となく浜名湖周辺の広大な地域を連想するので、浜名湖からかなり離れた、(ちょっと申し訳ない言い方ですが)片田舎に「浜名」とついていることに違和感を持ちました。

帰って来てから下記のページ等を見て一応納得していたのですが、
http://enshuyamanobenomichi.hamazo.tv/e3072193.html
この日記にも書き込まず、そのままになっていたので、今回、合わせて書いておきます。

旧浜北町は1956年に成立したので、既に60年以上経っているのですが、現在の浜北区のガイドマップ
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/hk-shinko/ward/hama...
にもなお合併前の町村名が「地区」名として残っていて色分けされていることは、大変興味深いです。

浜名地区は小松、内野、平口で構成され、合成地名の小野口村と称したのを、1951年の町制施行の時に郡名をとって浜名町としたとのこと。
「浜名」高校はこれに先立つ1947年に北浜高等女学校(当時の所在地は北浜村貴布祢)と笠井高等女学校の合併でできた校名を「浜名高等女学校」としたことが始まりのようで、これも笠井町と北浜村の両方の顔を立てて郡名をとったのではと思われます。
http://www.edu.pref.shizuoka.jp/hamana-h1/home.nsf/DL/77581E5066B306E249257D590027DB99/$FILE/enkaku.pdf

先に浜名高校があったから、(ちょっと大風呂敷の)浜名町にも抵抗なかったのかも。合併に際しての名前の苦労は、今も昔も変わらないようです。(改めて冷静に考えてみると、「駿河区」というのもかなり大風呂敷ですね(^^;)

北浜地区の恐らく中心と言っても良いであろう貴布祢は、明治当初は浜名地区の平口と一緒に平貴村を作っていたというのですから、そのあたりの事情は、かなり複雑なものがあったのでしょう。

ところで、他の「地区」として、中瀬、赤佐、麁玉があるというので、どんなところかちょっと見ていたら麁玉地区に花の舞酒造があると分って少しびっくり。これも何年か前、夏の研修会で見学に行って試飲しましたが、浜北区だったとは知りませんでした。
http://www.hananomai.co.jp/information/654.html
明日のようですが、あそこまで出かける元気はないかな・・・