10月のカレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

常大SNSの各月の公開日記

常大SNSのRSS

クニアキンさんの公開日記

2017年
10月20日
11:38

ブックレビューを書こうとしても、本がうまく出てこなくなったので、今後は日記に書くことにします。


今年度の最初の人間力セミナーの本(後期は夏休み前に各学生が選んだ本を皆で読んでいます)として読みました。
上巻

話の筋にひきこまれて、読み進むことができます。
タジマとか、美奈子とかの名前が、思わせぶりにチラチラと出てきますが・・・

競馬で連続当たりの辺りから、話が嘘っぽくなってきます。

いつの間にか、話者が変わっていたり、推理小説なら当然ただでは済まないところでしょう(^_^)
そんなところで下巻にひっぱってゆきますが・・・

評価:星3つ

下巻

上巻で伏線っぽく出てきたところが、スカッと解決しません。

どういういきさつで仲村の態度が変わったか
吉江香椰の気持ちの移り変わりが読めない
何で遼一は美奈子に対して意地を張るのか
なども、スッキリしません。

そもそも、遼一の母、吉江香椰、などの、宗教にすがろうとする気持ちが全く伝わって来ない。

ドタバタ逃走劇もとってつけたよう

最初から綿密な計画の下に書いていったのではなく、いきあたりばったりで書き進めたのではないか。
ちょうど遼一のように。

ところで、この文庫本のカバーの航空写真は一体どこなのだろう? 合成?

評価:星2つ